動画で住宅紹介、再生数万回 デジタル活用で躍進する「住宅テック企業」

   

日本経済新聞が売上高100億円以下の中堅上場企業
「NEXT1000」を対象に、5年前と比較した
時価総額増加率の調査で2位にランクインした
Lib Work(リブワーク)社。

熊本に本社を持つ住宅施工・販売の会社で、
デジタルの活用によって躍進しました。

▼Lib Work会社概要
https://www.libwork.co.jp/profile/


新型コロナで、在宅時間が増えたことやウェブの活用が
活発になったことが追い風となり、 住宅受注金額は
2020年7月から3四半期連続で前年同期比2倍超に達し、
21年6月期の連結純利益が3億5600万円と、
従来予想を1億円超上回りそうだと発表しています。


リブワークは1997年に設立された瀬口工務店を前身とした
会社で、 デジタルマーケティングを経営の核に据え、
自社を「住宅テック企業」と位置づけています。

15年8月に福岡証券取引所に上場し、
19年6月には東証マザーズに上場。
時価総額は5年間で20倍超と大きく増加しました。


同社の取り組みは、

・土地探しなどニーズ別のサイトの展開に注力

・WEBサイトの関連情報コンテンツを充実させる

・内勤型の営業部門に優秀な人材を配置し

・紙のチラシや住宅展示場に頼らないビジネスモデルを確率

など、デジタルを活用することで、
コストをかけずに優位に立つことを方針としています。


また、競争力のさらなる強化に向けて、
動画共有プラットフォーム「ユーチューブ」での情報発信にも
注力しています。

▼Youtubeチャンネル LibWork ch
https://www.youtube.com/channel/UCJoQpZAJSXLx49uWiCoByuA


クリエーターを独自に採用して、注文住宅の間取りや
設計などを細かく説明する動画を公開しており、
各動画の再生回数は1件あたりおおむね数万回に達しています。


動画のメリットは何といっても情報を多く伝えられること。

同チャンネルでは、住宅の紹介だけにとどまらず、
断熱材の実験や、3D展示場動画、IR情報の発信、
社員が自分たちの業務を紹介するコンテンツなど
多岐にわたっており、ユーザーを楽しませる工夫がなされています。

視聴者は九州各県にとどまらず、
全国展開を目指す成長戦略の布石にもなっているとのこと。

20年7月に神奈川県の企業を子会社化したことを足場に、
今年8月には千葉県にも店舗を開設し、今後は福岡と首都圏で
攻勢を強める方針とのこと。


デジタル活用は、
アイデア次第で業績を大きくアップさせることができる、
という好例です。

とはいえ、なかなかすぐに実現は難しいので、スモールスタートで
始めていきましょう!

「こんなことがしてみたい」というご相談お待ちしております。
お気軽にご連絡ください。

 - コラム