新時代のメルマガ戦略

   

早速ですが、メルマガってオワコンだと思っていませんか?
(※オワコン=時代に合わなくなった「終わったコンテンツ」のこと)

SNSマーケティングが拡大し、LINE、Instagram、Twitterなどでの
情報発信が主流になっている今ですが、実はこのコロナでのステイホーム期間、
【長文を受け取って読む】という文化が復活しているのです!

ただ、情報をたくさん受け取るようになった為、情報の取捨選択は以前よりも
厳しくなっています。
有益な情報であれば継続して読むが、いらないと判断されると即ブロック。
それが当たり前になってきています。

では、どのような文章が好まれるのか。
ここからが本題です!

■タイトルで決まる

メルマガをたくさん受け取るようになった昨今、読む読まないの判断は一瞬!
メールのタイトル欄に表示できる文字数(20文字以内)で勝負が決まります。

・【】をつけて目立たせる
例)【今だけ!】○○

・「」で読者の気持ちを表す
例)「これはびっくり!」○○

・限定などの言葉で目を引く
例)限定○時間!

・個人名でブランディング
例)田中○○の○○メルマガ

いかに内容が良くても、タイトルでまず決まるので、
本文以上にタイトルにこだわりましょう!

■本文は短く、わかりやすく

一文が長文だと読まれにくい傾向にあります。
一文はなるべく2行までにとどめましょう。

文章の構成は通販番組を心がけましょう。
プレゼンの効果的な話法でPREP法というものがあります。

P=Point
R=Reason
E=Example
P=Point

の順番で話すとわかりやすいと言われています。
イメージは通販番組です。

つまり・・
P=今回ご紹介する商品はこちら!
R=なぜならこの時期こんなことがありますよね?
E=例えば、こんなお悩みやこんなお悩みはありませんか?
P=それを解決するのがこちらなんです!

という流れです。


ここで紹介したのはまだまだほんの一例です。

皆さんも文章にひと工夫。
読者を惹き付ける戦略を考えてみてはいかがでしょうか☆

 - コラム