テレワーク(在宅勤務)を実施致しました

   

コロナ対策のため、
QWERTYでも先週、テレワーク(在宅勤務)を実施しました。

テレワークは、その場で直接話ができず
円滑なコミュニケーションが難しいイメージがありますよね。

当日は私一人が電話番として出社していたのですが、
「もし自分一人では対応が出来ない電話が来たらどうしよう…」
と正直不安でした。

しかし、チャットワークやzoomといったITツールを用いて
在宅勤務の社員たちと常に連絡が取れていたため、
そんな不安もすぐに消えてなくなりました!

特に、無料WEB会議ツール「zoom」は、とても便利でした!
PC、スマホですぐにWEB会議ができ、さらには画面共有もできます。
回線もスムーズで、音声の途切れもないので円滑なコミュニケーションが取れました。

また、社員全員に、離席の際は「○時まで不在」と
チャットワーク上で共有することを義務付けていたので、
すぐにレス(返事)が来ないことを心配する必要もありませんでした。

QWERTYでは以前から、
各社員が自宅でも作業できる環境を整備していたため、
今回問題なくテレワークができたと思います。

コロナの一件で、大きな注目を集めるテレワーク。

3月13日より臨時公募されたIT導入補助金でも、
テレワークの導入に取り組む事業を優先的に支援する試みが発表されています。

家庭の事情により出社が難しい方や、
今回のように不要不急の外出を控えなければいけない場合も、
テレワークが可能であれば、問題なく仕事ができますね。

私個人としては、
テレワーク前日に親知らずを抜歯したので
パンパンに腫れた顔を誰にも見られなくて、良かったです(笑)

 - クエリティーの日常